芝生の施工・管理 黒石原産業株式会社 九州・熊本


黒石原産業株式会社

トップページ会社概要芝生の種類と特徴芝張り施工芝生の管理お問い合わせアクセス


改良ティフトン芝苗 夢ポット

黒石原産業株式会社
芝張り施工

芝生の規格


普通版

0.371m×0.3m
9枚

小規模工事用

ロール版

0.371m×1.35m
2枚

大規模工事用

芝生の張り方


ベタ張

芝の縁部をつけて、隙間無く張る方法。
造成芝生面積と、張った芝の面積はほぼ等しく、活着すればそのまま芝生が完成する。
法面では、浸食防止が重要な目的であり、目地土が流出しないようベタ張が適しています。

目地張

芝と芝との間に隙間(目地)をあけて張る方法。
目地をあけると芝苗が節約でき、新しいランナーが伸びやすいが、あまり隙間を空け過ぎると、芝がずれたり間から草が生えたりします。

市松張

芝の短い部分と長い部分の長さ分をあけて、交互に張る方法。
その形が市松模様に見えるので、この名があり、芝の2倍の芝生面積が形成されるが、芝生完成までに時間がかかります。

張芝の手順


不陸整成

計画区域内の抜根、除石、表土の均質化整地を行う。
床土の凹凸を無くして、表面排水がとれるように中央部を高くし、わずかな勾配を取る。
土地がPH5.5以下の酸性土壌の場合は、消石灰、炭酸カルシウム等を60〜120g(1u当たり)散布して、土壌を中和させます。

植え付け

芝生をチドリに並べ、目土(山砂等)をまき、ローラーで転圧する。

散水

転圧がすんだら、乾燥の度合いで適宜に水をまく。

施肥

芝生活着後、化成肥料を40〜60g(1u当たり)散布する。

養生

草取り、刈り込み、殺虫、追肥、一般管理を行う